「つるてかふろ~りんぐ」

和やか

フローリングで布団を敷く場合。

昔は畳が主流でしたが、今はフローリングがある一軒家やアパートが増えてきていて、オールフローリングの家も見かけます。床だと畳と違い、張り替えるわけではないので、普段の掃除もきちんと行う必要があります。寝る時なのですが、畳だと、そのまま寝具を敷いて寝ることになります。洋間だとベッドで寝る方が多いように見受けられますが、なかには洋間でベッドなしで寝る方もいます。人は寝ている間にたくさんの汗をかきます。そうなると、自然と寝具も湿気を持ちます。フローリングに直接常に触れている状態が続くと、湿気の逃げ場がなくなり、床がとても痛みやすくなってしまいます。できることならば、布団と床の間にスノコなど通気性のいいものを敷き、その上に布団を敷くことにより、湿気の逃げ道をつくることができます。また、常に敷きっぱなしにしてしまうのもよくありません。天気がいいときや、起きた時などに寝具を畳んだり、干すことで、清潔を保つことができるのです。

フローリングに布団、気を付ける点は

間取りなどの関係でフローリングに布団を敷いて寝る場合、気を付けたいのはカビの発生です。人間は寝ている間に約500mlもの汗をかくといわれています。つまりペットボトル1本分の水分が布団に吸収されていることになるわけです。そんな環境ではフローリングとの温度差の関係で、布団にはあっというまにカビが生えてしまいます。カビを防止するには、とにかく乾燥させることが大切。できればすのこマットなどを敷き、寝具と床の間に風が通る空間を作るとベストです。すのこを敷くのが無理な場合に取り入れたいのは除湿マットですが、シリカゲルが入ったものや吸湿性の高い特殊繊維でできた物など様々な専用品が市販されていますのでぜひお試しください。寝具は適宜干すことも大切ですが、冬場や花粉の影響がある時期など、外に干せない時にはふとん乾燥機を活用しましょう。袋がなく、送風口を差し込むだけのタイプは手間がかからず簡単に利用できて便利です。カビは健康を損なう原因にもなりかねませんので、ちょっとした工夫でカビのないふかふかの寝具をキープしてください。

おすすめWEBサイト 5選


パニック 障害 サプリ


最終更新日:2020/3/12